ブログトップ > 東日本大震災ボランティア活動①

東日本大震災ボランティア活動①

「いわてGINGA-NETプロジェクト実行委員会」主催の

東日本大震災の被災地のボランティアに、学生36名と教員5名が参加しました。

6日間の活動の様子をお伝えします。

 

 

83日のPM1000に学生・教員を乗せたバスが本校を出発。

翌日AM900に、宿泊施設の五葉公民館へ到着しました。

ここを拠点に、釜石市・陸前高田市・大槌町の施設へボランティアに向かいます。

 

初日は現地視察。現地の方のお話を真剣に聞いていますね。

実際の被害状況を自分の目で見て、

改めて震災の恐ろしさと支援の必要性を強く感じたようでした。

 

 

2日目からは、グループに分かれてボランティア作業にあたりました。

ボランティアセンターからの説明を受け、4つのグループに分かれた学生たちは、

関西からボランティアに参加した学生たちと協力し積極的に活動していました。

 

こちらは「岩手県災害ボランティアセンター」のマークです。

これを肩につけて作業をします。

 

そして、当日支給されたものがこちら。

準備が整ったら出発です!

 

 

 

 

晴天に恵まれ、支援活動への意気込みを新たにボランティア施設へ向かいました。

 

次回もボランティアの様子をご紹介します。

更新日:2011年08月26日

もどる