faculty

介護福祉学科(2年制・男女)

相手の生活全般を理解して支援できる人材を目指す。

科学的な根拠に基づく介護の知識や技術を身につけます。さらに、一人の人間を理解するために喜怒哀楽を読み取り、「心」と「手」を使い、利用者様の生きがいと生きる力を見出せる人材を養成。
利用者様の1センチの変化に気づき、1ミリの不自由さを理解する感性、誠実さ、忍耐力を高め、人と正面から向き合える共生の心を育てます。

Care Worker
最先端の介護技術を身につける
写真

安心・安全・安楽な介護技術、ボディーメカニクスの活用などを学びます。さらに、介護は「優雅に華麗に!」をモットーに、福祉先進国のデンマークやスウェーデンの最新技術を導入し、最先端の介護技術を身につけます。

地域とのネットワークを活用
写真

1年次から積極的に地域でのボランティア活動を行い、人の役に立てる喜びを実感し、介護福祉士としての将来像を確立させます。20年以上にわたる実績と信頼が、地域からの高い評価にもつながっています。

身体を動かす楽しさを実感
写真

アクティビティーやフィットネスなどを通して楽しく学ぶ授業を用意しています。また、カラーコーディネートなどを学び、「その人らしさの実現」や「楽しみや生きがいのある生活の実現」を支援できる力を身につけます。

時代のニーズに応える力を修得
写真

今後増加が予想される認知症について、専門医の授業などを通して、症例や事例をもとに正しい知識を身につけます。さらに最新のケア方法も学び、時代の変化に対応できる介護福祉士を目指します。

2年間の学びの流れ(カリキュラム紹介 ※一部抜粋)

1st:基礎科目/専門基礎科目 →

基本的な身体のしくみ、心のしくみを学ぶとともに、介護福祉の技術の基礎を身につけます。施設見学や実習も早期から実施。

カリキュラム
  • ・人間の尊厳と自立
  • ・人間コミュニケーション論
  • ・ボランティア論
  • ・現代社会としくみ
  • ・ビューティケア学
  • ・アクティビティⅠ
  • ・フィットネス
  • ・介護の基本Ⅰ・Ⅱ
  • ・コミュニケーション技術Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
  • ・生活支援技術Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ・Ⅵ・Ⅶ
  • ・介護過程Ⅰ・Ⅱ
  • ・介護実習指導Ⅰ・Ⅱ
  • ・介護実習ⅠA
  • ・発達と老化の理解Ⅰ・Ⅱ
  • ・認知症の理解Ⅰ
  • ・こころとからだのしくみⅠ・Ⅱ
  • ・医療的ケアⅠ
2nd:専門科目/資格試験対策講座

将来、介護計画が立てられるように、「介護過程」「認知症の理解」など、より専門的に学びます。多くの実習の機会も設けています。

カリキュラム
  • ・生活と福祉
  • ・チームワーク論
  • ・アクティビティⅡ
  • ・介護の基本Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ・Ⅵ
  • ・介護過程Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ
  • ・介護実習指導Ⅲ・Ⅳ
  • ・介護実習ⅠB
  • ・介護実習Ⅱ
  • ・認知症の理解Ⅱ・Ⅲ
  • ・障害の理解Ⅰ・Ⅱ
  • ・こころとからだのしくみⅢ・Ⅳ
  • ・医療的ケアⅡ・Ⅲ

目指す資格

  • ・介護福祉士(国家資格)
  • ・福祉住環境コーディネーター(2級)
  • ・レクリエーション・インストラクター
  • ・専門士 ほか

将来の活躍の場

  • ・老人福祉施設
  • ・老人保健施設
  • ・障がい者福祉施設
  • ・障がい児関連施設
  • ・市町村役所
  • ・福祉関連企業
  • ・その他(グループホーム、小規模型多機能ホーム) など