faculty

理学療法学科(3年制・男女)

スポーツ選手や患者様の身体と心に向き合い一緒に歩んでいく。

ケガをしたスポーツ選手や患者様の身体の回復や自立を実現できるように、目に見えない筋肉や身体全体の動きを感じ取る力を養います。さらに、その背景を探り当てる考察力と相手に負担をかけない、無駄のない身体の動かし方を学びます。リハビリテーションやトレーニングへのモチベーションを維持するための心の支えとなるのも理学療法士の大切な役割です。

Physical Therapist
目標達成に導くコーチング技法
写真

リハビリテーションを行う患者様が目標を達成できるように、より良い効果を導くための援助技術を学びます。患者様のやる気を引き出したり、行動や習慣を改善するための方法を考えて行きます。

患者様の身体の反応を知る
写真

現場でまず必要なのが患者様の身体の状況を知ること。評価法の実習では、学生同士が相手に触れ、身体の反応をどのように評価していくかを学びます。

自分の身体をトリートメント
写真

高い運動能力を持ち均整のとれた身体は常に美しいもの。筋肉の配列とそのはたらき、細胞を活性化させる条件、バランスのとれた理想の姿勢と動きなどを学びます。

最新の動作分析・治療技術
写真

常に医学の最先端へ。医療技術の進歩に伴い、あらゆる医療機器、あらゆる医療技術が進化していきます。最新機器を用いて人間の運動を分析するとともに、人体の可能性を最大限に引き出す治療技術を学びます。

3年間の学びの流れ(カリキュラム紹介 ※一部抜粋)

1st:基礎科目/専門基礎科目 →

理学療法士の技術の第一歩である人の身体に「触ること」を学びます。実習形式で実際に道具を使いながら理学療法を体験。

カリキュラム
  • ・医療と倫理
  • ・公衆衛生学
  • ・現代社会としくみ
  • ・健康とスポーツ
  • ・国際理解とボランティア
  • ・情報科学
  • ・解剖学Ⅰ・Ⅱ
  • ・生理学Ⅰ
  • ・運動学Ⅰ
  • ・人間発達学
  • ・臨床医学
  • ・内科学
  • ・リハビリテーション入門
  • ・リハビリテーション概論
  • ・理学療法概論
  • ・基礎理学療法Ⅰ・Ⅱ
  • ・理学療法評価法Ⅰ
  • ・運動療法
  • ・物理療法
  • ・地域理学療法概論Ⅰ
  • ・臨床実習Ⅰ
  • ・理学療法演習Ⅰ
  • ・理学療法セミナーⅠ
2nd:基礎科目/専門基礎科目 →

身体の動かし方を学ぶとともに、グループワークで自分たちで調べたり、話し合いながら、病気や障がいの知識を深めます。

カリキュラム
  • ・生理学Ⅱ
  • ・運動学Ⅱ
  • ・臨床心理学
  • ・整形外科学
  • ・神経内科学
  • ・精神医学
  • ・小児科学
  • ・保健医療福祉概論
  • ・生活環境論
  • ・理学療法評価法Ⅱ
  • ・理学療法評価法実習Ⅰ
  • ・運動療法実習Ⅰ・Ⅱ
  • ・物理療法演習Ⅰ
  • ・日常生活活動
  • ・義肢装具学
  • ・理学療法技術論Ⅰ・Ⅱ
  • ・理学療法技術実習Ⅰ
  • ・地域理学療法概論Ⅱ
  • ・臨床実習Ⅱ
  • ・理学療法演習Ⅱ・Ⅲ
  • ・理学療法セミナーⅡ
3rd:基礎科目/専門基礎科目

実習形式で、患者様の身体に起こる現象の原因を考え、さらに「計る(測る)こと」を学びます。

カリキュラム
  • ・キャリアデザイン
  • ・臨床運動学
  • ・理学療法評価法実習Ⅱ
  • ・理学療法技術論Ⅲ
  • ・理学療法技術実習Ⅱ
  • ・臨床実習Ⅲ
  • ・理学療法セミナーⅢ
  • ・理学療法演習Ⅳ
  • ・理学療法総合演習

目指す資格

  • ・理学療法士(国家資格)
  • ・福祉住環境コーディネーター(2級)
  • ・障がい者スポーツ指導員 (初級) ほか

将来の活躍の場

  • ・病院
  • ・老人福祉施設
  • ・通所リハビリ
  • ・訪問リハビリ
  • ・リハビリセンター
  • ・障がい者福祉施設
  • ・障がい児関連施設
  • ・福祉関連相談所
  • ・保健所 など