Career up

資格サポート

各種国家試験や検定試験の傾向を把握したうえで試験対策を指導しています。模擬試験の点数という表面的なところだけではなく、ノートチェックなどを通して、学生一人ひとりの理解度を確認します。また自宅での学習方法などをアドバイスすることで、その人に合った資格取得に向けたサポートを行っています。

資格試験の特色や学生の理解度などをふまえたうえでサポート

写真

国家試験対策講座

「どこまできちんと理解しているか」「ポイントをずらして学んでいないか」など、学生一人ひとりの状況を分析していきます。その結果をふまえて個別指導を行ったり、少人数のグループに分かれての受験対策を行っています。もちろんさまざまな種類の過去問題も用意しており、徹底的に解いていくことで、問題の傾向を把握したり、試験に慣れることができます。

写真

検定対策講座

各検定試験が実施される前に、それぞれの検定に合わせた対策をクラスごとに行っています。過去問題を解いていくだけではなく、頻出される問題を解説したり、解くためのポイントをレクチャーするなど、細かいところまで指導していくことが強みです。授業だけではなく、それ以外にもアドバイスする機会をたくさん設けています。

取得を目指す資格一覧

診療報酬請求事務能力認定試験

医療秘書学科介護福祉学科理学療法学科作業療法学科歯科衛生学科

レセプトの作成を中心とする診療報酬請求事務に関する知識、技能を認定する試験で、
全国の合格率が30%程度のレベルの高い認定試験です。

メディカルクラーク検定
(医療事務技能審査試験2級)

医療秘書学科介護福祉学科理学療法学科作業療法学科歯科衛生学科

病院や診療所での受付業務、患者様との接遇、院内コミュニケーション、診療報酬請求事務業務など、
医療事務職に必要な能力が評価されます。2級合格者は1級を目指すことができます。

ドクターズクラーク検定
(医師事務作業補助技能認定試験)

医療秘書学科介護福祉学科理学療法学科作業療法学科歯科衛生学科

診断書作成、処方せんの発行や電子カルテ入力などの事務作業など、医師の事務作業を補助するための知識と技能を評価します。合格者には、「ドクターズクラーク」の称号が付与されます。

医療秘書技能検定

医療秘書学科介護福祉学科理学療法学科作業療法学科歯科衛生学科

医療秘書として、知識と技能をもち、一般的な業務を遂行することができることを証明する資格です。
医療秘書実務、医療機関の組織・運営、医療関連法規、医学的基礎知識、医療事務などの内容についての試験です。

秘書技能検定

医療秘書学科介護福祉学科理学療法学科作業療法学科歯科衛生学科

秘書として必要な基本能力を証明する資格。認知度は高く、多くの企業で人事考課の材料とされています。
一般常識や言葉づかいなど、普段でも役立つ知識・技能が身につくため人気があります。

サービス接遇実務検定

医療秘書学科介護福祉学科理学療法学科作業療法学科歯科衛生学科

サービスの仕事に対する心構え、心理の理解、応対の技術、言葉の使い方、態度や振舞いなどが審査されます。
サービスの考え方や行動、おもてなしの心とかたちを育てることができます。

秘書実務士

医療秘書学科介護福祉学科理学療法学科作業療法学科歯科衛生学科

高い秘書的実力を社会的に認定する資格で、秘書技能保有者(秘書検定2級以上合格者)が必須条件となります。

介護福祉士(国)

医療秘書学科介護福祉学科理学療法学科作業療法学科歯科衛生学科

介護のスペシャリストとして身体に障害を持つ人やお年寄りができるだけ自分の力で生活できるよう、専門的に日常生活をサポートし、話し相手となって精神的なケアをしたり、その家族への介護アドバイスや精神面の支えになります。

福祉住環境コーディネーター(2級)

医療秘書学科介護福祉学科理学療法学科作業療法学科歯科衛生学科

福祉や医療、住宅改修、福祉用具などの知識を活かしながら、高齢者や障がいを持つ方が
安心して自立した生活が送れるよう、住環境の整備と改善を提案できる専門家です。

レクリエーション・インストラクター

医療秘書学科介護福祉学科理学療法学科作業療法学科歯科衛生学科

地域社会や企業等において、レクリエーション活動の企画、運営、指導等を行う技術者資格です。
社会的役割を理解し、専門職としての自覚と実践力を身につけます。

理学療法士(国)

医療秘書学科介護福祉学科理学療法学科作業療法学科歯科衛生学科

病気やケガのために不自由になった患者様の基本的な運動機能を回復させる理学療法士。
その資格を得るための受験資格が取得できます。

作業療法士(国)

医療秘書学科介護福祉学科理学療法学科作業療法学科歯科衛生学科

身体や精神に障がいを持った方に対して、陶芸、園芸、手芸、工芸などの作業を通じて、
心身の障害を回復に導く作業療法士。その資格を得るための受験資格が取得できます。

障害者スポーツ指導員(初級)

医療秘書学科介護福祉学科理学療法学科作業療法学科歯科衛生学科

障がいのある人が体を鍛えたり、スポーツを楽しむことをサポートするため、
障がいに応じた適切な指導をする専門家に必要な資格。主催団体は(公財)日本障がい者スポーツ協会です。

歯科衛生士(国)

医療秘書学科介護福祉学科理学療法学科作業療法学科歯科衛生学科

歯科医師の診療補助や、むし歯予防など歯の保健指導を行う歯科衛生士。
その資格を得るための受験資格が取得できます。

専門士

医療秘書学科介護福祉学科理学療法学科作業療法学科歯科衛生学科

準学士(短大卒)と同格であることを認める資格で、卒業後大学への3年次編入ができます。
また、就職先での待遇も準学士と同じになります。