言語聴覚学科を検討中の方へ

 

前橋医療福祉専門学校 言語聴覚学科は大学卒業者対象の2年制課程となっております。2020年度より「専門実践教育訓練給付金」の指定対象講座となり、より学費の負担が少なく学習をスタートすることが出来るようになりました。 

専門実践教育訓練給付金
教育訓練経費の70%が支給されます。
教育訓練支援給付金
専門実践教育訓練給付金受給資格者のうち、一定の条件を満たした方に給付金が支給される制度です。

※詳細な条件・利用方法について当ページ下部リンクよりご確認ください。

今回、言語聴覚学科を検討している方に向けて、進学の不安や疑問を解消するための在校生インタビューを行いました。

言語聴覚学科1年生 堀越 智博さん(筑波大学芸術専門学群 2019年卒業)

Q1 言語聴覚士を目指すことになったきっかけについてお聞かせください。

私が言語聴覚士という職業を知ったのは、祖父が誤嚥性肺炎を患ったときでした。一度は経口摂取が困難になり、胃瘻を迫られた状況の中、治療とリハビリによって自宅で常食を普通に食べられるまでに回復しました。その際に尽力して下さったのが、言語聴覚士の先生でした。

Q2 本校受験を決めた理由についてお聞かせください。

他校では修学年数が4年制のところが多く、卒業までに時間がかかる中、未来学園では大学卒業を条件に2年間の課程で言語聴覚士の資格を取得することができるので、この学校を受験することにしました。
私は、他人のために貢献できる仕事によって社会に参画したいと思いました。

Q3 入学または受験されるときに、学校や学校生活に対する不安や心配がありましたか。

私は出身が医療分野ではなかったので、勉強についていけるか不安もありましたが、一から学べるカリキュラム構成となっており、学科の仲間も他分野からの出身者が多く安心でした。

Q4 現在のクラスの雰囲気についてお聞かせください。

社会人経験をされてきた方々も多いので、人間関係についても、心地の良い距離感で勉強しています。

Q5 言語聴覚学科を検討されている方に対して、一言メッセージをお願いします。

入学の理由や志は人それぞれだと思います。その思いを大切にし、忘れないようにしてほしいです。

植原さん画像
スマートフォン用の画像

言語聴覚士に興味のある方は
お気軽にオープンキャンパスにご参加ください。

お電話またはWEBサイトの申し込みフォームよりご予約ください。

申し込みフォーム

027-269-9900(広報室)/ info@e-mirai.com
「専門実践教育訓練給付金」のご案内

本校の言語聴覚学科は専門実践教育訓練給付金の支給対象講座の指定を受けています。
詳細については以下よりご確認ください。

[受験生の皆様へ]本校の言語聴覚学科/介護福祉学科/歯科衛生学科は専門実践教育訓練給付金の支給対象講座の指定を受けています