理学療法学科 [ 3年制 男女・ 定員 80名 ]

理学療法学科

スポーツ選手や患者様の身体と
心に向き合い一緒に歩んでいく。

ケガをしたスポーツ選手や患者様の身体の回復や自立を実現できるように、
目に見えない筋肉や身体全体の動きを感じ取る力を養います。
さらに、その背景を探り当てる考察力と相手に負担をかけない、無駄のない身体の動かし方を学びます。
リハビリテーションやトレーニングへのモチベーションを維持するための心の支えとなるのも理学療法士の大切な役割です。

目指す資格

  • 理学療法士(国家資格)
  • 専門士ほか

授業 Pick Up

  • 適切な計測力を磨く

    適切な計測力を磨く

  • 臨床運動学

    臨床運動学

  • 実習前のグループワーク

    実習前のグループワーク

  • リハビリテーション概論

    リハビリテーション概論

  • 理学療法評価法実習

    理学療法評価法実習

  • 授業の個別指導

    授業の個別指導

3年間の流れ

1年次 / 基礎科目 ・ 専門基礎科目 ・ 専門科目

理学療法士の技術の第一歩である人の身体に「触ること」から学びます。
実習形式で検査器具を使いながら理学療法を体験。

  • ・心理学概論
  • ・文章表現の基礎
  • ・医療と倫理
  • ・公衆衛生学
  • ・現代社会としくみ
  • ・人間コミュニケーション論
  • ・国際理解とボランティア
  • ・情報科学
  • ・解剖学
  • ・生理学
  • ・運動学
  • ・人間発達学
  • ・臨床医学
  • ・内科学
  • ・チーム医療論
  • ・リハビリテーション概論
  • ・理学療法概論
  • ・基礎理学療法
  • ・基礎理学療法評価学
  • ・基礎理学療法評価実習
  • ・運動療法総論
  • ・物理療法
  • ・福祉用具演習
  • ・臨床実習
  • ・理学療法演習
  • ・理学療法セミナー
2年次 / 基礎科目 ・ 専門基礎科目 ・ 専門科目

実習形式で、患者様の身体に起こる現象の原因を考え、身体の動かし方をグループワークで調べたり、
話し合いながら、病気や障がいの知識を深めます。

  • ・臨床心理学
  • ・整形外科学
  • ・神経内科学
  • ・精神医学
  • ・小児科学
  • ・健康と栄養
  • ・基礎薬理
  • ・保健医療福祉概論
  • ・理学療法評価学
  • ・理学療法評価演習
  • ・理学療法基礎治療学
  • ・運動器障害治療学
  • ・神経障害治療学
  • ・内部障害治療学
  • ・理学療法治療演習
  • ・物理療法演習
  • ・生活環境論
  • ・日常生活活動
  • ・義肢装具演習
  • ・地域理学療法入門
  • ・地域理学療法概論
  • ・臨床実習
  • ・理学療法演習
  • ・理学療法セミナー
3年次 / 専門科目 ・ 資格試験対策講座

「動かしながら施術すること」を学内と医療機関・施設で学びます。さらに、理学療法士国家試験の合格を目指します。

  • ・キャリアデザイン
  • ・解剖生理学演習
  • ・運動学演習
  • ・臨床運動学
  • ・理学療法教育/業務管理論
  • ・理学療法評価演習
  • ・臨床実習
  • ・理学療法演習
  • ・理学療法総合演習
  • ・理学療法セミナー

活躍できるフィールド

就職率:100%
就職希望者全員就職
求人倍率:
●名に対して●,●●●名の求人
  • ※2021年3月卒業生実績

活躍できるフィールド

在校生インタビュー

在校生インタビュー

Q&A

青山 理紗さん/樹徳高等学校出身

理学療法士を目指そうと思ったきっかけは?
中学時代、テニス部でケガをしたとき、理学療法士さんが家でもできるリハビリメニューをまとめたプリントをくれました。私もその方のように、退院後の生活まで見据えた支援ができる理学療法士になりたいと思いました。
この学校を選んで良かったことは何ですか?
理学療法士を目指せる学校を探していたとき、ここなら3年間で国家資格を取得できると知り、オープンキャンパスに参加しました。先生方が親身になって話を聞いてくださり、先輩方と親しげに接していたのも印象的だったので、ここなら安心して学べそうだと感じました。
将来の目標を教えてください。
中学生のときお世話になった先生や、誤飲性肺炎になった祖父母を治療してくれた先生のように、患者さん一人ひとりの生活に寄り添える理学療法士になることが目標です。将来はスポーツトレーナーとして、プロサッカー選手のサポートにも携わってみたいと考えています。